吉祥寺あおぞら動物病院のご紹介

当院のモットーは、しっかりと「触診」すること。そして「オーナー様のお気持ちにできる限り寄り添った診察、治療」を行うことです。

触診は、体調を知るために重要な診察ですから、より丁寧に行うよう心掛けております。
また、10人いれば10人の考え方や感じ方があることを念頭に、動物と動物の代弁者であるオーナー様とじっくり「お話し」させて頂き、治療方針をお伝えしております。

常に初心を忘れず、オーナー様の不安を少しでも取り除けるよう尽力いたします。

経歴

2006年麻布大学卒業
2006~2012年関東圏3ヶ所の病院に勤務
2012~2015年眼科専門病院に勤務
2015~2018年神奈川県の病院の分院長として勤務
2018~2022年東京都 にしやま動物病院に勤務
2022年4月吉祥寺あおぞら動物病院 開院
院長写真
院長
金澤 崇史

名前の由来

吉祥寺あおぞら動物病院の「あおぞら」は、見上げれば澄み渡る青空と太陽が目に入り、皆様の心や身体が元気になる……そんな病院でありたいとの想いから名付けさせて頂きました。また、我が家の愛猫である葵(あお)と蒼(そら)も由来のひとつとなっております。

当院の強み

当院は眼科診療に特に力を入れています。眼科疾患は緊急性が高いことが多いのですが、一般病院では対応が難しいのが実情です。また、大学病院や専門病院などの2次診療は予約日まで時間がかかったり、気軽に診療を受けられないことが多いため、ご不安な時間が長くなってしまうこともあります。
眼科疾患でお困りの時は是非当院をご利用ください。また、白内障等眼内の手術には対応しておりませんが、対応病院をご紹介させて頂きます。

眼科疾患に限らず、お困りの際は、ぜひ当院までご相談ください。